週末の趣味はタービン交換

ご注意:カーグラフィック調でお読み下さい。

そろそろ夏の気配がする5月後半の土曜日
私は一路、埼玉の某ガレージに向かっていた。
道路は土曜の朝にしては混んでいる。
e0003660_23333486.jpg


アクセルにかかる右足に力を込めたい気持ちをおさつつ、
クールなアクセルワークで渋滞の海を泳ぎきる決心を固めた。
自宅のある川崎北部の緑にかこまれた麻生区から
これまた美しい自然の残る埼玉のガレージまで早いと1時間
e0003660_015850.jpg



しかしこの大事な日に限り、2時間以上かかってしまった。
着くと早速ボンネットを開け、頑張ったエンジンを冷やしてやる。
e0003660_23351840.jpg


これから愛機FC3Cの第二の心臓とも言えるタービンの交換だ。
ここでこのクルマを看てくれる腕の立つメカにバトンを渡す。
そう、オレのシゴトはこれで半分終わった。
e0003660_23402464.jpg


我が愛機は、名前を明かせないメカの流れるような作業により
その本来の姿に戻っていく。
そして、ついに問題のタービンとの対面をはたす。
吹き出したオイルのせいだろうか、黒い汚れが目立つ。
e0003660_2347523.jpg


すまないFC、こんな姿になるまで気がつかなくて・・・。
私は後悔の念を胸に押し込み、ゆっくりとタバコに火をつけた。

(タービン交換以外はフィクションです)

続く
[PR]

by moguFC3C | 2010-05-23 23:48 | メンテとトラブル